« CGソフト | トップページ | ぼやき »

2006年5月12日 (金)

ミヤマvsミヤマ

Pict0013_2

キーボードの上でミヤマクワガタのエゾ型(左側)とサト型(右側)を戦わせて見ました。エゾ型とサト型の違いはオオアゴの形の違いでエゾ型は先端の二股になっている部分が大きく、付け根の突起が小さいことで、寒冷な地域の特徴です。またサト型はその逆の特徴を持っています。この特徴は育った環境によるものらしく、エゾ型の親からサト型が生まれたり、その逆もあるようです。「この戦いは食玩(左側がチョコQ))とガチャガチャ(右側がyujin原色日本昆虫図鑑)の戦いでもあります。どちらも特徴をつかんでよく出来ていますが、ぱっと見た感じはチョコQ有利と思っていましたがこうして写真にしてみてみると右側のyujinのほうの足の先端の出来もなかなかのものです。」

|

« CGソフト | トップページ | ぼやき »

コメント

食玩馬鹿に出来ず。なかなか良く出来ていますね。
パッと見本物と見間違えました。
(暖房を焚いて冬を越させたのかと思った。)
ミヤマクワガタにエゾ型とサト型があるとは・・。勉強になりました。

投稿: どーぱ | 2006年5月13日 (土) 00時18分

実はミヤマは大好きなクワガタで毎年何匹が採集して飼育に挑戦するのですが、産卵させることが出来ません。やはりある程度涼しい環境が必要で、平地では難しいようです。写真のミヤマは2匹ともオークションで採集しました。
商店で買って採集すると運良くミヤマを採集するまでかなりの金額を投入する可能性が高く、歩留まりが悪すぎるので・・・

投稿: くわたろう | 2006年5月13日 (土) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマvsミヤマ:

« CGソフト | トップページ | ぼやき »