« ニコンvsキャノン | トップページ | 隔週の予定 »

2006年9月13日 (水)

今年のオオクワ

先日羽化したオオクワガタの体長を測定してみました。
オス最大73mm 最小42mm 平均65.8mm 最大値と最小値を除く平均68.1mm
メス最大45mm 最小27mm 平均41.6mm 最大値と最小値を除く平均43mm
以上のような結果で菌糸ビン1本のローコスト飼育としてはまずまずの結果で満足しています。
この個体群は昨年の7月末ごろ幼虫で回収し、余っていた菌糸ビンで飼育したグループと、マットに入れて集団で飼育したグループで、その2ヶ月後に新しい菌糸ビンに1匹ずつ投入しなおしたものです。そのうち3匹は冬季間15度以下にならないように保温し、残りの15匹は室内での常温飼育でした。保温グループは5月に羽化し、常温グループも8月に全て羽化しました。
もともとこのオオクワガタは5年前に池袋にあった昆虫ショップで購入したペアの子孫たちでもう4代目(ひ孫)になります。ここまで続けるとなかなかやめられなくなってきますね。

Photo_31

Photo_32

上 最大と最小のオス

下 最大と最小のメス

どちらも同じ種類と思えないくらいサイズがちがうが、元々は同じ親から生まれている。

|

« ニコンvsキャノン | トップページ | 隔週の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニコンvsキャノン | トップページ | 隔週の予定 »