« アオマツムシが鳴いている | トップページ | 親睦バーベキュー »

2006年9月 7日 (木)

クワガタ取り出し

飼育品のオオクワガタとアルキデスヒラタが全て羽化した頃なので取り出してみました。オオクワガタは20頭飼育中♂10、♀9、★1の結果。アルキデスヒラタは6頭中♂3、★3という結果でした。外国産で冬季に保温が必要なアルキデスヒラタは来年は飼育しない予定なので♀がいなかったのは幸いでした。
オオクワガタは昨年9月に菌糸ビンに投入してそのまま羽化させたので、菌糸ビンの状態が悪いものも多かったのですが、その割には羽化不全もほとんどなく♂で体長が60mmから70mm前後が多く、まずまずといったところ。
その中で、初令から2令時にマットで多頭飼育の期間が長かった4頭は菌糸の劣化が非常に少なく、未使用の部分が多かったのでどうかなと思ったら、全て小型の個体となっていました。特に♂♀各1頭はコクワガタより小さいくらいで、1リットルの菌糸ビンからゴミムシくらいのオオクワガタが出てきたときには、思わず子供と大笑いしてしまいました。
今年はこのオオクワガタは何頭か里子に出して、残りは来年に向けて静かに休眠してもらおうかと考えています。

Photo_27

キンモンガ 新潟県胎内市 AF100mmF2.8MACRO

|

« アオマツムシが鳴いている | トップページ | 親睦バーベキュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオマツムシが鳴いている | トップページ | 親睦バーベキュー »