« 裏と表 | トップページ | 110カメラ »

2008年1月30日 (水)

ファームウェアアップデート

オリンパスE-510のファームウェアがアップデートして、マウントアダプターを介した旧OMレンズ等も手振れ補正対応となった。
早速アップデートして、0M-300mmをつけて試してみたら意外に手振れ補正効果があって、室内でスローシャッターなのに手持ちで何とか撮れたりする。
こうなるとニコン用のアダプターも欲しくなってくるなぁ。

Ike1

1/27撮影 新潟市東区 OLYMPUS E-510+40-150mm F4-5.6+EC-14

|

« 裏と表 | トップページ | 110カメラ »

コメント

ファームウェアと言うと我がG7にも非公式の”ロシアンファーム”なるものがあるそうです。
RAW撮影が出来たりシャッター速度の高速化、長時間露光等等とにかく多機能になるらしい。
但し、非公式であるが故保障なぞ無し。
入れ方を間違えてアボーンとかいろいろと報告が・・・
G7にはまだまだがんばってもらわにゃならんのでさすがに手は出しませんが、新機種購入なんてなったら試してみたい気もする。

投稿: どーぱ | 2008年2月 1日 (金) 02時29分

ロシアンファームですか、名前からしてロシアンルーレットみたいで、当たると怖そうですねぇ。
ロシアンファームというからにはロシア製?
ひょっとしたら何でもありの中国製でしょうか?
気をつけましょう。

投稿: くわたろう | 2008年2月 1日 (金) 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裏と表 | トップページ | 110カメラ »