« びしょ濡れ | トップページ | 朝焼けと三日月 »

2013年11月 6日 (水)

ナンキンハゼの紅葉

今朝は天気が良かったので、10分ほど早めに家を出て通勤途中にある体育館の駐車場で
街路樹のナンキンハゼを撮影。
一昨日も撮ったのだけど、天気が悪く気に入らないので再挑戦するわけだ。
Pb060024

Pb060041
OLYMPUS E-PM2+14-42mm F3.5-5.6

E-PM2はファインダーの無いコンデジスタイルなので、両手を突き出してカメラを構える。
正直、明るい屋外で液晶モニターを見ても、ピントが合っているのかさっぱり分からない。
もう完全にカメラまかせの状態だ。
このカメラはタッチシャッターが使えるので液晶のピントを合わせたい位置をタッチすると
ピントが合ってシャッターが切れる。これが使ってみるとかなり便利。
撮れた写真を拡大してみるとピントが甘かったり、ぶれたりしていることもあるけれど
普通の用途なら問題ない感じだ。
それ以上を望むなら、三脚を使い、手振れ補正を停止。ピントは部分拡大して精密に合わせ、
低振動モードでセルフタイマーかレリーズケーブルを使ってシャッターを切れば、より大きくて
重たいAPS-Cの一眼レフカメラと遜色の無い写真も撮れる。マクロも風景もこれなら万全。
まぁ、そこまでするのなら普通の一眼レフカメラを使った方が使いやすいのも事実。
手軽にスナップというのがこのカメラの正しい使い方で、通勤途中に、いいなと思った物を
撮るのがちょうどいい。

|

« びしょ濡れ | トップページ | 朝焼けと三日月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びしょ濡れ | トップページ | 朝焼けと三日月 »