« 寒い朝 | トップページ | 阿賀浦橋 »

2013年12月16日 (月)

換算1000mm

ソニーのαレンズをオリンパスのマイクロフォーサーズのカメラに取り付けるアダプターを
購入した。フォーサーズはイメージセンサーのサイズが小さく、35mmフルサイズの中央を
切り取って拡大したのと同じ事になり、センサーの比率から換算焦点距離が2倍相当となる。
私は望遠レンズを良く使うので都合のいいフォーマットだ。

さて風も強く天気も悪いという悪条件にもかかわらず、どうしても試してみたくて
ソニーの500mmレフレックスレンズを持ち出した。換算焦点距離1000mmという超望遠。
使ってみれば、とにかくピントがシビアなことに苦労する。EVFで拡大してピントの
確認が出来るので、ピントが合っているのかどうかの判断は容易でいいのだが、
カメラやレンズに軽く触れただけで視界がぶれる。わずかにピントリングに触れただけで
ピントがずれてしまう。手持ちなんてもってのほか。しっかりとした三脚は必須だ。
絞りF8で固定なので、絞って被写界深度を稼ぐことも出来ないし難易度はとても高い。
Pc15001202

Pc150018
12/16撮影 OLYMPUS E-M1+SONY 500mm F8 Reflex

写りがもともと良いレンズでは無いので全く期待していなかったのだが、思っていたよりは
いいと思った。APS-Cで使うのと遜色ない感じだ。これで鳥を撮ろうなどとは思えないけど
とりあえず、風の穏やかな天気の良い日にもう一度試してみたいと思ったところだ。

α用のアダプターを追加したことで手持ちのレンズ全てがマイクロフォーサーズで
使えるようになった。実用的でないと思えるレンズもあるけれど、いろいろ遊べて楽しい。

|

« 寒い朝 | トップページ | 阿賀浦橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い朝 | トップページ | 阿賀浦橋 »