« 紺碧の山と赤橙の空 | トップページ | マツバウンラン »

2017年5月19日 (金)

天を仰ぐ

新発田市 アジアイトトンボ♀

1em019687
5/7撮影 OLYMPUS E-M1+14-42mm F3.5-5.6 EZ+魚露目8号 トリミング

興味本位で買ってみた魚露目8号。とても面白い写真が撮れる。
絞らないと周囲が流れるので、この写真の絞りはF22。このレンズで一番絞った状態だ。シャッタースピードが遅くなるのでISO感度を上げる。画質を考えてギリギリ800とした。
それでシャッタースピードは1/80となる。

ギリギリまで接近するので、レンズやカメラの影が写りがちでそれを防ぐために
自作のデフューザーをセットしてフラッシュを使う。
ファインダーは覗けない事が多いのでライブビューを多用。

難しいのは昆虫に触れるほど接近すること。
このイトトンボはわりと容易いけど、なかなか近寄らせてくれないのが普通。

そうやって苦労して撮っても、思い通りの写真にはならない。
もっと高画質でブレなくシャープにと欲が出る。

ダメだなぁ
五月蠅いこと言わないで本来もっと気楽に楽しく使うべきレンズなんだよ。
これで撮った写真を見ていると、それが正解というものだと教えられる気がしてくる。

|

« 紺碧の山と赤橙の空 | トップページ | マツバウンラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紺碧の山と赤橙の空 | トップページ | マツバウンラン »