« 回転軸 | トップページ | とりあえず復活 »

2018年3月15日 (木)

堂々巡り

新潟市 三脚が壊れたときに撮った霜
1dsc_8209
3/11撮影 NIKON D7100+TAMRON SP Di AF180mm MACRO F8/0 1/160s ISO280

カメラ屋から部品が入るまで2か月かかると言われて、即「待つ」と返答したのは良いが、
メインで使っている三脚が、その間無いというのは、どうもなぁと考え出した。
いっそのこと、小ぶりな三脚を追加するかなどと、あれこれ考えだす。
以前から欲しかったマンフロットの190は価格も手ごろだし使い勝手も良さそうだし・・・
清水の舞台から飛び降りるつもりでジッツォでも・・・
あーでもない。こーでもないと考え出すとキリが無い。

三脚が沢山あっても、同時に使うのはせいぜい2台。もし1台追加しても、
修理中の1台が復活すれば、1台は、いらない子になってしまう訳で・・・もったいない。

そうだ、壊れたパーツを修理しよう。折れてしまったピンの外径は4.5mm長さも4.5mm。
それに合う六角穴付ボルトはM2.5。高さが足りないが、スペーサーをかませば
何とかなるだろう。壊れたパーツに2.4mmの穴をあけて、そこにM2.5の六角穴付ボルトを
ねじ込めば復活するはず・・・

問題は強度と私の工作技術。手間暇かけてそこまでやっても、はたしてうまくいくのか?
素直におとなしく待っているか、新しいのを買ったらどうだ・・・と堂々巡り

|

« 回転軸 | トップページ | とりあえず復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回転軸 | トップページ | とりあえず復活 »