« 葉っぱに子バッタ | トップページ | トンボのいる池 »

2018年5月25日 (金)

スカシヒロバカゲロウ

足元からふわりと飛び立って、ここに着地。カゲロウの名の通り、存在感の少ない儚げな姿。
その薄いオブラートのような翅は限りなく繊細で思わず見入ってしまうものがある。

胎内市
1em109881
5/20撮影 OLYMPUS E-M10+TAMRON SP Di AF180mm MACRO F** 1/125s ISO800

|

« 葉っぱに子バッタ | トップページ | トンボのいる池 »

コメント

こんばんは   とみとみです
 こんなのがいたのですね。初めて知りました。まるでクジャクみたいです。

投稿: | 2018年5月26日 (土) 20時19分

こんばんは。
何気なく見逃してしまうような羽虫ですが、よく見れば、面白い虫ですね。

投稿: くわたろう | 2018年5月27日 (日) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉っぱに子バッタ | トップページ | トンボのいる池 »