« 臼と杵 | トップページ | 今年の初物 »

2019年12月26日 (木)

適材適所

最近買ったα7を使ってみて、これまで使っていた
フォーサーズと比べると諧調が豊かで白飛び、黒潰れに

対する余裕があることを実感。

やっぱりセンサーの大きさの差は歴然とあり、明暗の激しい

夜明けなどの風景撮影にはフルサイズだなと思う。

一方でフォーサーズの場合は小さな昆虫を撮ることを考えると、

深い被写界深度やフルサイズ換算2倍となる撮影倍率。

良く効く手ぶれ補正やセンサーにゴミが付きにくいなど

メリットも非常に多い。

広角・標準・風景はフルサイズ。マクロ・望遠・昆虫はフォーサーズ。

そんな使い分けが理想的。

新潟市
Dsc00314
12/22撮影 SONY α7+Ai Nikkor 50mm f/1.2

|

« 臼と杵 | トップページ | 今年の初物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臼と杵 | トップページ | 今年の初物 »