2007年12月11日 (火)

視度調整

OM-2にレンズフードやストラップを新調してちょっとリフレッシュしていい気分で使っていて気になったこと。それがファインダーの見えであった。どうも今ひとつ見えが良くないというか、ぼやけて見える。ニコンF3と比較してみるとはっきりと見えが良くないのがわかる。
古いカメラだしレンズや内部のミラーやプリズムに曇りがあってそのせいかなぁと思っていたとき、以前カメラ店で視度調整レンズのサンプルを覗いたことを思い出した。そのときはメガネをかけて-1の度数ではっきりと見えていた。
ひょっとして視度調整レンズをつけたら多少はよくなるんじゃないかとネットで探してみたら、すでに純正品は生産されておらず、入手は困難。しかしペンタックスの視度調整レンズMタイプがそのまま流用可能らしいことが判り早速注文してみた。
一週間ほどで商品が届き装着してみるとちょっとゆるいようだがぴったりと装着が出来てピントもぴったりとあわせられる。
これに気を良くしてこんどはニコンF3はもっと良くなるんじゃあなかろうか?などと欲が出て、これまたネットで調べてみると、F3ハイアイポイント用は現行のF6と視度調整レンズに互換性があって普通に販売されている。これはラッキーとおもったら、なんと近視用は-2から。なんでと思ったがよくよく調べてみるとどうやら何もつけない状態で-1となっていて、逆に目のいい人は視度調整レンズ0というタイプが必要らしい。
どおりで、F3は最初から見えがいい訳だと納得した次第。でもなぜ標準が-1の近視用なのか謎?

Image07280505

Image07280106

12/8撮影 新潟市東区 OLYMPUS OM-2 SPOT/PROGRAM 50mm F1.4

| | コメント (0)

2007年8月10日 (金)

テレコン

オリンパスのテレコンバーターEC-14を購入した。ちょっとしたレンズメーカー製の交換レンズが買えてしまう価格である。

撮る物も時間も無いので庭で試写 8/9撮影 ペパーミント

OLYMPUS E-510+35mm F3.5 MACRO+EC-14

1 2  

当たり前だが大きく写ります。被写界深度が浅くピントが思ったところに合わないorz

今朝はマクロツインフラッシュ(ソニー)をアダプターを介してつけてみた。この場合はフルマニュアルとなる。

3

絞り込んであるので被写界深度が深い。

この組み合わせだとそれなりに重くなって、せっかくの小型軽量が台無しだなぁ。上手く生かせるか結構微妙だ。

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

フィルムカメラで

フィルムカメラだとフィルムを入れたらどうも撮りきらないと落ち着かない。カメラにフィルムを入れてそのまま1週間とか置くと、フィルムが劣化しそうな気がするから。その結果無駄なカットを入れて撮りきってしまうことになる。
フィルム代・現像代も決して安くないのに・・・
いっそ完全にデジタルに切り替えるのも悪くないとは思うが、フィルムカメラのフルサイズのファインダーを覗いた瞬間やっぱりフルサイズはいいと思ってしまうのだ。(デジタルもフルサイズはあるけれど機種も限られるし、なによりも高価で手が出ませんから)Photo_251 Photo_252 Photo_253 Photo_254

新潟市北区 6/3撮影 NIKON F3+Ai 50mm F1.2S(1枚目)

Ai-S Micro-Nikkor 105mm F4(2~4枚目) Velvia100

| | コメント (0)

2007年5月17日 (木)

アングルファインダー

先日買い損なったアングルファインダーだけど、会社近くのカメラ店で注文して今日届いた。これで背の低い花をローアングルから楽に撮れるはずである。今まで這いつくばって撮らないとだめだった。・・・(家人に他人のふりをされたものだ。)でもこれをつけても、ひざまづいてローアングルで撮っていると相当怪しい人に見えるな。ふっふっふっ。

Photo_232

RICOH Caplio R1v

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

新しいレンズ

先日以前から欲しかったレンズをオークションで落札しました。中古店の半額ほどで落札できて、ラッキーでした。このレンズはずーっとオークションで見つけるたびにチェックしていたのですが、程度のいいものはそこそこの値段で落札されるので、今回は多少使用感のある実用品をダメでもいいやと言った感じで入札したら落札できました。届いた商品は予定通りの実用品と言った感じではありますが、機能的には問題ないようです。

Photo_207 Photo_208 Photo_209 Photo_210 Photo_211

NIKON F3+Ai-S Micro-Nikkor 105mm F4  MINOLTA DIMAGE Scan DualⅢにてスキャン 

フィルムはベルビア100。彩度が高く、癖になりそうな鮮やかさです。

全て絞り開放、手持ちです。リサイズの際シャープネスをかけてあります。100mm前後という中望遠は使い慣れているので、けっこう使いやすく、今後、屋外用の標準レンズとなりそうです。

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

雪割草

父が趣味で育てている雪割草である。この時期の定番の被写体。ことしはマクロツインフラッシュという武器があるが、なかなか難しい。2_15 3_6

KONICAMINOLTA αsweet DIGITAL+AF100mm F2.8 MACRO+マクロツインフラッシュ

| | コメント (2)

2007年1月19日 (金)

フラッシュテスト

マクロツインフラッシュを使用するとき、ツインアームを伸ばしてディフュザーを使用した状態が光がおだやかで花撮りなどで具合がいい。
ただこれをつけて人の多い温室に入るのは少し勇気が必要。かなり変なカメラ(変な人)にみえるはずです。
それとプラスチックのアームはどこかにぶつけて壊しそうで怖い。というわけで、ツインアームを装着しないでうまく光を拡散させる方法はないかと工夫してみた。

Photo_138 Photo_139 Photo_140

写真は上段がノーマル。中段が標準のワイドパネル装着。下段が自作フィルムケース製ディフューザー装着である。
上2段と下段でかなり色合いが異なるが、実際の見た感じは下段の色に近い。
これで休みに実地テストしてみようと思う。

KONICAMINOLTA αsweet DIGITAL+AF100mm F2.8 MACRO+マクロツインフラッシュ

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

フラッシュ購入

以前から欲しいと思いながら資金がないのとコニカミノルタのカメラ事業撤退で買うことの出来なかったマクロツインフラッシュがソニーから今月発売されたので思い切って購入した。http://www.ecat.sony.co.jp/alpha/acce/acc.cfm?PD=24753
まず最初に感じたのは細かい部品が多いことと発光部が思ったよりも小さいこと。
プラスチック部品が多くちょっと力を入れると壊してしまいそうで怖いこと。
まだお試し程度しか使用していないのだが、そのままだといかにもフラッシュ撮影といった出来になるので、いろいろと試す必要がある。
一度カメラにセットしたらまたバラバラに分解してケースにしまうのが非常にめんどくさいので、とりあえず今週はつけっぱなしだ。

Photo_111

KONICAMINOLTA αsweet DIGITAL+AF100mm F2.8 MACRO+マクロツインフラッシュ

| | コメント (0)

2006年11月 8日 (水)

マクロコンバージョンレンズ

オリンパスのマクロコンバージョンレンズをパナソニックFZ-20やFZ-2で使用していたのだが、フィルター径がミノルタ100mmマクロと共通なので試してみた。

Photo_87

Photo_88

Photo_89

さすがに拡大率が大きいが、ピントあわせがかなりシビアである。

KONICAMINOLTA αsweet DIGITAL+AF100mm F2.8 MACRO+OLYNPUS MCON40

| | コメント (0)

2006年9月30日 (土)

同時プリント

久々にネガフィルムを近所のドラッグストアで同時プリント。
しかし、写りがよくない。もちろん腕の問題もあるのだが、プリントの良し悪しも大いに問題があると思う。快晴の青空が妙に白っぽく、花の色なども鮮やかさが全く感じられない。
まあ安いネガフィルムに安いプリントの組み合わせなので文句を言っても始まらないのだが、何とかならないのかと思う。
最近は同時プリントといえば、レンズ付フィルムが主流で、写ってさえいればいいというお客がほとんどだから仕方ないかとあきらめモード。
そんなところに今朝の朝刊で写真館のチラシ。12月までの期間限定だが、格安の同時プリント。ちょっと遠いが行くしかないな。

Tuyukusa

露草

Photo_55

とっ 飛びます。

Photo_56

シロツメクサとベニシジミ

3枚とも阿賀野川河川敷にて

| | コメント (0)

より以前の記事一覧