2019年12月16日 (月)

高倍率撮影のメモ

10mm+16mmのエクステンションチューブに60mmマクロ実測してみた。
ピントの合う撮影距離は約190~270mmまでという狭い範囲

撮影倍率は約1.7~0.4倍

最短撮影距離はエクステンションチューブ無しの状態で190mm
だから
有りと無しでは変わり無い。エクステンションチューブを使うと

寄れるようになって撮影倍率が上がるものだと思っていたが、そう
では無く
鏡筒が伸びた分だけ焦点距離が延びて、それで倍率が上がることが
判る。
60mmマクロが10+16mm焦点距離が伸びて86mm相当に
なるということだ。

新潟市 
4mm程のハエの類
084122
12/14撮影 OLYMPUS E-M1MarkⅡ+60mm F2.8 MACRO+Kenko DG EXTENSION TUBE
フラッシュを使用しシャッタースピードは1/320s
。絞りはF11 手持ち撮影

小絞りボケとエクステンションチューブによる画質低下を感じる写
真となった。
撮影倍率は落ちるが180mmマクロにエクステンションチューブ
を使った方が画質は良い。
なかなか思い通りにはいかないものだ。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

おぼえがき

新しいパソコンでトラブったので、おぼえがき。
深度合成ソフトのCombineZPのデフォルトのインストール先はC:\Program Files (x86)\Alan Hadley。
NETで使い方を調べると、ここに作業用のフォルダーを作らないとうまく動作しないという記事が見つかる。
古いパソコンはそれで上手くいっていたのだが、新しいのはダメだった。OSが64bitと32bitの違いのせいか・・・
起動したCombineZPでは、ちゃんと、そのフォルダにデータが保存されるのに、エクスプローラーで見るとそのデータが見えない。
パソコン内を検索すると思いがけないフォルダにそのデータが見つかるのに、そのフォルダがエクスプローラーでは見つからない。
NETでその理由はわかったのだが、詳しい理由は省略。
とにかくC:\Program Files (x86)\Alan Hadleyに作業用フォルダを作ってはダメで、C:のルートにフォルダを作ったらうまくいった。
まあ、動いて良かった良かった。

もう1点気が付いたこと。合成の方法は6種類あるのだが、そのうちのPyramid Do Stackを使うと必ず不正終了する。
7種類全て実行するAll Methodsも同様。

胎内市   CombineZPにて深度合成
Do_stack

2018/7/8撮影 OLYMPUS E-M1MarkⅡ+40-150mm F2.8+MC-14 F4.0 1/80 ISO200

| | コメント (0)

2017年1月17日 (火)

ピンポ~ン

1em013798
OLYMPUS E-M1+BCL-1580

玄関のインターホンが鳴らなくった。

電池切れの表示になっていたので電池を交換。単3電池を4本。あれっ治らない。
本体の故障かぁ?外してみるか・・・
このインターホンはホームセンターで買ってきて自分で取付したものなのに、外し方
が判らない。力任せに引っ張ってみるけど、外れそうにない。
インターネットで調べてみると、10年以上前の商品なのに、まだ現行品として販売さ
れていてビックリ。
製品外観図も提供されていたが、肝心の取り外し方ははっきりしない。
外観図を眺めると、取付金具に引っ掛ける構造のようなので、上に持ち上げたり、左右に
ずらしたりしてみるけど、どうにも外れない。四苦八苦しているうちに、なんとなく
取付した時の記憶が蘇ってきて、上に持ち上げるスライド量が不足していること
に思い当たった。
本体を取り付けた後に配線を隠すために取付けた配線カバーがピッタリの寸法でスライドを
妨げていたのだ。
配線カバーを外して、なんとか取り外して分解してみると・・・
電池の端子金具の配線が付け根から断線している。
ひどく細い配線の為、電池の付け外しで金具が動いて断線したようである。
そうそう、半田ごてがあったけなぁと押入れをごそごそと探して見つけ出して配線し直して
修理は完了。ピンポ~ン。良かった。良かった。
次、また故障する日がいつになるか判らないけど、その時に外し方が判らなくて、また
困ることが無いように、忘備録として、ここに記録しておく。

| | コメント (0)

2014年5月14日 (水)

マウスソール

MX510マウスソールが摩耗してほとんどなくなっていたので張替。
パワーサポートのエアーパットプロ究極セットに付属していて、
使っていなかったソールを使用。MX510のソールは小さ目でエアー
パッドソールの楕円タイプとサイズが合わないので、マウスの
ソールの嵌まり込む土手をカッターで削り取って平らにした。
厚みは0.45mm使用で全く問題なし。
このソールが減ったら余っている0.65mmのタイプと交換しよう。

R0014983

マウスの発売時期を調べたらMX310が2003年。MX510が2004年で
どちらも10年選手である。職場のMX310はCADで使って酷使している
はずなのに、おそろしく丈夫だ。さすがに左右ボタンの指のあたる部分は
塗装がはげて、ソールもすり減ってペラッペラッになっている。

ソール繋がりで・・・
スニーカー購入。コンバースのごく普通のキャンバス。サイズは
26.5cm。実際のサイズはもっと小さ目なんだが、甲高ダンビロなので、
かなり大きめを選んでいる。
そのうち同じようなデザインでレザーのタイプを買いたいと思う。
定番のデザインというのは地味ではあるが安心できる。

| | コメント (0)